日本人はいつから『白米』を食べ始めているのか?

日本人の食卓に白米が上がるようになったのは

江戸時代末期から明治時代にかけてす。

ご飯

白米が当たり前になったのは

戦後の高度経済成長期からだと言われます。

ご飯と漬物

それまでは一部の人を除き、

多くは玄米を食べていました。

玄米おにぎり
平均寿命は40歳前後と推定。

現在の半分程の短さです。

玄米を食べていた人たちは

短命だったのでしょうか?
大人たちが長く生きられなかったのではなく、

医療や衛生状態が発達していなかったため、

生まれてすぐに亡くなる子どもが
多かったことが平均寿命を引き下げていました。

冷害による飢饉が度重なったことも

死亡率を上げた大きな要因。

なぜならば

長生きした方もちゃんといるからです。

=====================
江戸時代の著名人

医師の杉田玄白:享年84歳
花岡青洲:75歳

農民だった中甚兵衛:91歳、

「養生訓」を記した貝原益軒:84歳

測量家の伊能忠敬が、
大日本沿海輿地全図を作成するため、

日本全国を渡り歩いたのは

55歳からの17年間と言われます。

その活力には驚かされます。

驚く女性

すご!!

=======================

江戸の日本橋を描いた

「煕代勝覧(きだいしょうらん)」という絵巻物

問屋や八百屋、そば屋等が立ち並ぶ街並みに、

人々があふれ賑わう様子が描き出されています。

人々をよく見ると、脚気を患った男性が車いすに乗っています。

ビタミンBIが不足すると起こる脚気

=>「江戸患い」と呼ばれ、

白米を主食とすることのできた一部の階級に流行。

ご飯

 

玄米を主食とした庶民は活気あふれる様子。

盛んに各々の商売を繰り広げ、

道行く人や商人仲間に声をかけています。

当時の人々の食は、

漬物

玄米飯と梅干しや漬物

玄米おにぎり

みそ汁が一般的。

味噌汁

そこに時おり小魚を合わせ、

野菜たっぷりの食事

卵や鶏肉をほんの少し合わせるといった具合。

日本では、6世紀の仏教伝来に伴い、

動物の肉を食べることが法的に
禁止されていました。

コメを中心とした菜食が1000年以上、

玄米おにぎり

日本人の命を支えてきました。

いかがでしょうか?

白米は実に最近のことなのですね。

う〜〜ん!

やはり食べ物で体は作られていると

改めて感じる今日この頃です。

贅肉の無い背中

最後まで読んでいただき有難うございました。